So-net無料ブログ作成

熱性けいれん再び(>_<) [はじめて育児]

もう先月の話になるのですが・・・。
長女・こちゃるが人生二度目の熱性けいれんを起こしました[ふらふら]

[ひらめき]以下、お食事中の方はご遠慮下さい[ひらめき]

この日は幼稚園のイベントがあって、元気に参加できたのですが、
帰宅後、お昼寝からすぐに目覚めてしまったので、おかしいな?と
思ったら、少し身体が熱くなっていました。
37℃台だったので様子を見ていたら、あっという間に熱が上がり。。。
何か嫌な予感がするなぁ・・・と思った途端、予感的中!
少しずつ身体が震え出しました[あせあせ(飛び散る汗)]
目もうつろ、受け答えもNG。

前回はすぐに車に乗せて救急外来へ行ったのですが(週末だったので)、
車内で気分が悪くなってしまったこともあり、今回は少し様子見。
案の定、しばらくしたら嘔吐。
吐かせてから急いで救急外来へ。この日も週末だったのです。
夫のいる日だったのが、不幸中の幸いでした。
私一人だったら・・・と思うと、本当に怖い(>_<)

前回は採血&点滴だけだったのが、今回はなぜかレントゲン室へ。
問診票に「少し咳が出る」と書いたからかな?と安易に考えていたら
「肺炎です」と言われビックリ!!!
しかも「入院の可能性も」なんて言われ、かなり動揺してしまいました。

そんな横で点滴を受けながら眠り続けるこちゃる。
前回はすぐに熱も引いたのに、今回はなかなか熱が下がらない。
心配は募るばかりでした。

最終的に小児科の先生と相談をして、肺炎と言っても軽度なので
自宅で投薬治療→数日後に再診、ということに。
あぁ・・・よかった・・・。

長~~い点滴が終わる頃には、こちゃるの熱も下がり歩行もOK[手(チョキ)]
受け答えもできるようになりましたが、自分が病院にいることは
不思議だったみたい。
約6時間も病院に缶詰めだったので、一緒に行ったゆきんこ
(やたら元気な次女!)の対応もあって、帰る頃には親がヘトヘト[バッド(下向き矢印)]

でもこちゃるの症状が落ち着いて、本当に安心しました!
ただ・・・咳なんてそんなにひどくなかったのに、肺炎になっていたとは[がく~(落胆した顔)]
今回は肺炎から来る高熱だったようです。

熱を出す頻度は少ないこちゃるですが、今回で二度目ということもあり、
けいれん防止の坐薬を処方してもらいました。

幸い、その後、熱が上がることはありませんでしたが、肺炎治癒のため
抗生剤(ジスロマック)を飲まなくてはならず、これが大変で大変で(-_-;)
一日一回の服用でいいものの、独特の苦みがあるらしく、量も多くて、
薬嫌いなこちゃるには難関すぎました。
あれこれ手を尽くしましたが、ほっとんど飲めず・・・。
可哀相だけど、飲まなきゃよくならないし、「イヤだ!」と拒否されると
私も段々イライラしてきてしまって[たらーっ(汗)]

案の定、再診でも肺の影は消えておらず落胆。。。
「もう少し薬を続けましょう」と言われたけれど、さすがに同じ薬はもう無理[ダッシュ(走り出すさま)]
一日二回の薬(オゼックス)に変えてもらいました。
回数が増えるのが気になりましたが、「前回のより飲みやすいと思いますよ」
と言われた通り、イチゴ味の美味しい(?)薬だったようで、こちゃるも自ら
「おくすり、飲む!」としっかり飲みきってくれました!!!!
一日二回×6日間=12回、いや~、本当によく頑張った♪
「飲む」というより、粉のまま、ひたすら指で舐めてましたけどね(^_^;)
そうそう、一緒に処方されたシロップ薬(咳止め)も飲めました。
普段は市販薬しか受け付けないのに~。

頑張った甲斐あって、3度目の受診ではすっかりよくなっていました[わーい(嬉しい顔)]
ずっとお休みしていた幼稚園にもようやく復帰できて、親子共にhappy~[るんるん]

マイコプラズマではありませんでしたが、”肺炎”と言われた以上、
集団生活をさせるわけには行かず。
しかし、たまに咳が出る程度の娘は自宅で大人しくできるはずもなくて。
はしゃいで、咳込んで、吐き戻すことがあったので、ヒヤヒヤするやら、
イライラするやら。。。
「頼むから、静かにしてて~!」と思わずにはいられない数日間でした。
ただ休み始めの数日間はさすがに疲れやすかったのか、はしゃいだ後は
「ちょっと寝てくるね」と言って、数時間お昼寝してましたけどね[眠い(睡眠)]

何はともあれ、完治してよかったです(^^)v
いつもは元気すぎると「うるさ~いっ[どんっ(衝撃)]」とか思っちゃいますが、
やはり家族は元気なのが一番ですよね[パンチ]

今度はゆきんこが鼻タレさんなので、早くよくなりますように[病院]

nice!(70) 
共通テーマ:育児

nice! 70

メッセージを送る